断食ダイエットの方法について

kosodieta01

断食ダイエットとは、文字通り断食をしてダイエットする方法です。

断食をすることによって、内臓を休ませることができ、身体の中の毒素をデトックスすることができるため肌の新陳代謝が良くなり美肌を目指したり、免疫力を向上させることができます。

摂取するエネルギーが少なくなることから、脂肪を燃焼することができるためダイエットにも効果的です。

やり方はまず、断食する一週間、少なくとも三日間はなるべく低カロリーな食事を心がけていきます。

高カロリーな食事は避けて、野菜や海藻、豆腐や納豆などの和食を中心に食べていきます。前日はなるべく早い時間帯に軽めの夕食をとります。

断食期間中は水や砂糖の入っていない野菜ジュース、スムージーや酵素ドリンク、身体を温める効果のある生姜紅茶、炭酸水などの水分をとりながら過ごします。

断食の日数は1~3日程度が一般的です。身体に負担のかかるダイエット方法のため、これ以上の断食は行なわないようにします。

元の食事に戻るには断食をした日数分だけ回復食を食べて徐々に通常食に戻していきます。

まずは重湯や具無しのみそ汁などから始めていき、お粥、具のあるみそ汁や野菜スープ、温野菜サラダなどで内臓を慣らしていきます。

急に固形物などを食べてしまうと内臓に負担がかかり、リバウンドしてしまう可能性もあるため注意が必要です。

また、体調が悪いときには行なわず体調が悪いと感じたらすぐに中止します。

摂取エネルギーが少ないため激しい運動などを避けることが大切です。

断食ダイエットを成功させた人のテクニック

ダイエットをする決意に目覚めた場合、健康への意識も同時に考えておくことが重要です。

修行を行うことに近い行為が待っているため、成功への道のりを完璧に目指すならば、下準備に対応させる内容を追い求めていく姿勢が賢明なのです。

また断食ダイエットならではの特色を考えていくことは、内臓を軽くする状態につながっていくので、体重は2週間後から徐々に落ちていくということがわかっています。

目に見える成果であるため、継続する意義が出ていくという指摘もあり、成功するならば必要不可欠な条件になっていくのです。

断食という意味合いが強いので、病気療養中や風邪気味であれば極力ダイエットを防いでいくようにする行動が大事になります。

ダイエットの習慣を身に着けていくためにも、栄養学的に正しい知識を学んでいくようにする段階が重要です。

生活習慣自体が飛躍的に変わっていく断食ダイエットを行うメリットは、専門家が言う内容に合致している部分も多く、ダイエットの入門者としても最高の結果を得ることが期待できます。

今後の動向を踏まえ、適宜ダイエットを行うよさを自分なりに考えていくことが大切です。

それに加えいきなり断食が厳しいという場合は、まずは食べる分量を減らしていくという内容から開始していく部分が大事であり、専門家の意向を優先させて着実に実行していくようにする部分が賢明なのです。

適切な指導を受ける機会があれば、率先して行動を共にすることが重要です。

断食ダイエットは酵素のパワーで代謝促進

痩せなくなる原因の多くは代謝低下にあるため、代謝さえ高めてあげれば問題は解決します。

代謝促進には岩盤浴が効果的ですが、もっと手軽に行えるのが酵素ドリンクを使用した断食ダイエットなのです。

断食をする目的はカロリーを減らすことよりも、内臓機能を修復させることです。

代謝は胃腸の働きに左右される部分が大きく、代謝低下が気になる方は胃腸が弱っている可能性があります。

胃腸を元気にするためには、断食ダイエットをして意図的に欠食することです。

胃腸を休息させることで機能を回復させれば、本来の代謝に戻すことができます。

私たちは疲れた身体を癒すために毎日睡眠をとっています。

睡眠をとることで疲労・ストレスを解消しており、睡眠不足は体調不良を招いてしまうのです。

酵素ドリンクのメリットは、置き換え式ダイエットとして活用することで胃腸の休息ができることです。

断食ダイエットは週に1~2回でも効果的なので、土日を利用して行うといいでしょう。

休日なら空腹を感じても、フルーツを食べるなどしてカロリーを補給することができます。

お菓子と比べてフルーツは太りにくいので、間食をするならフルーツを食べましょう。

酵素ドリンクには野菜や果物、野草のエキスも含まれているので、特に肉食中心の方におすすめです。

肉ばかり食べていると繊維質が不足しますし、血中脂質を増やす要因となります。

代謝を上げるためには、何よりも胃腸の健康が必須となります。

断食ダイエットに加えて、岩盤浴などの温浴ケアを取り入れるとより効果的です。

ドリンクのみで継続させる断食ダイエット

日々ダイエットに励んでいる人にとって、断食を行うという点は非常に魅力的な要綱となっています。

ダイエットは結果的に継続できるプログラムが一番重要であるため、成果がはっきりと見えていくことを真剣に考えていく部分が大事です。

まず2週間継続できる断食ダイエットを行う点が賢明であるため、減量に期待できるならばドリンクのみで生活をして行く意識を持っておくことが大切です。

体重を落とすことに専念すれば、幼児体型になるリスクがあるので、脂肪を燃焼させるという内容を考慮しながら「からだ全体」を痩せるという意識が重要になっていきます。

ダイエットは少しずつ目に見える変化があることが一番大切な条件になっていくため、楽しみながら行えるプログラムを実行していくことが大事なのです。

内臓への負担を軽減させる意識を本格的に考えながら、断食ダイエットへ向けた準備を行っていく部分も大切となっていきます。

これまでの内容を振り返りながら、ダイエットに関与していくことで、便通を改善させる内容や規則正しい生活環境を得ることにつながっていきます。

体内にある毒素を排出する目的で断食ダイエットを始める人も多く、有名なモデルは短期間でこういったプログラムを行っています。

断食の詳細を真剣に話し合っていけば、ドリンクから入っていくメリットおよびダイエット特有の内容が見えていくようになり、最終的に美容に結び付く要素を増やしていくことが出ていきます。

ベルタ酵素ドリンクを使用した断食ダイエットがおすすめ

酵素は生命活動に必要不可欠な成分で、体のあらゆる働きにかかわっていますが、体内で作られる酵素量には限界があるので、酵素が不足するとすっきりとしない体になってしまいます。

生野菜や果物、お刺身、味噌や納豆などの発酵食品にも多く含まれていますが、酵素は酸や熱に弱く普段の食事では摂取することが難しいので、酵素ドリンクなどで補うことが望ましいでしょう。

ベルタ酵素ドリンクはたくさんの酵素を配合していて、ヒアルロン酸やプラセンタ、ザクロなどの美容成分も配合されています。

野草などの酵素や植物繊維が豊富に含まれている、ベルタ酵素ドリンクを使用した断食ダイエットは、食事の代わりに酵素ドリンクを飲んで体質改善をすることが目的です。

ベルタ酵素断食ダイエットにはベルタ酵素ドリンクを3日間、3食飲んで過ごす方法や、1日、3食をドリンクで過ごす方法、朝または夜の食事としてドリンクを飲む方法など、様々なやり方があります。

また、準備期間と断食、回復期間をそれぞれ3日間ずつ取って体内環境を整える方法もあります。
準備期間は断食するために体を慣らすことが目的なので、脂肪になりやすい糖質の多い食べ物は控えるようにします。

断食中は3食ともベルタ酵素ドリンクを飲んで過ごし、無理のない範囲で水は1日に2リットルを目安に飲むのが良いでしょう。

回復期間中は、食べたいものを好きなだけ食べると簡単に脂肪になってしまうので、胃腸に負担の少ない食事を摂るようにしましょう。

ベルタ酵素ドリンクは原液のままでも良いですが、水やソーダ水などで割って飲む方法もあります。